FOOD STUFF

食品衛生分野

食品衛生分野でも多様な活用が期待されるMA-T

食品衛生分野では、普段人々が口にする食べ物だけでなく、その食べ物を製造する工場の衛生管理や食器の消毒など、多様なシーンでMA-Tを活用することが期待されています。
MA-Tの食品添加物の認可は、医薬品の承認後の話であり、まだ先のことになります。
しかしながら、環境衛生に関しては利用場面が多いと考えます。MA-Tは水性ラジカルを要時生成する仕組みにより、人体に安全なレベルの低濃度に抑えることができ、高い効果と安全性を両立した液剤です。また、MA-Tの処方や使用法を工夫することで、芽胞形成菌であっても死滅させることができます。