よくあるご質問
Frequently Asked Questions

Q. MA-Tとはなんですか?

A. 二酸化塩素は、取り扱いが非常に難しかった為、限定用途でのみ、使用が認められています。18年にわたる研究の結果、問題点を解決し、産まれた製品が「MA-T」です。その反応は塩素化でなく、酸素によるより純粋な酸化反応であるため、塩素処理などによってできるトリハロメタンが発生しません。塩素のように水中で加水分解しません。

Q. 急性経口毒性試験について

A. マウスを用いた急性経口毒性試験 異常及び死亡例は認められない(LD50 値 2,000mg/kg 以上)とは、60kgの人が120ccのMA-Tを誤飲してしまっても異常は認められないとのエビデンスです。 また、安全性に関するエビデンスデーターでは、水とほぼ同等の刺激レベルですので、誤飲してしまっても異常がないと考えられます。

Q. 菌・ウイルスだけに作用するのか?

A. 分解するものは有機物全般です。 腐食性は? MA-Tは特異的に有機物と反応し、固体無機物とは反応しない特性を持っています。ほとんどが水ですので水として無垢鉄などをサビさせることはあります。水とほぼ同等レベルとお考えください。

Q. それだけ効果が高いのに、人体に影響はないのか?

A. 酸素の酸化力で分解するので作用が速く、作用と同時に速やかに分解されます。製品濃度は単細胞生物を分解するレベルに調整しています。濃度により効果深度が変わり、高濃度にすれば人体にも影響が出ます。

Q. 有機物に効いて、無機物に反応しないとあるが、硫化水素を分解するのはなぜか?

A. CHONPSからなる物質には反応します。無機物といえどCHONPSからなる化合物は有機物としての性質も持ちます。匂いの成分はこの6つの元素からなるものが多く分解されます。