よくあるご質問
Frequently Asked Questions

Q. MA-Tの安全性はどのように確認しているのですか?

A. (財)日本食品分析センターを始め公正な第三者機関で様々な安全性についての試験を行っています。

Q. どのような安全性の試験を行っているのですか?

A. MA-Tは(財)日本食品分析センターで3種類の安全性試験を行っています。
①眼刺激性試験OECD法(ウサギ)
②皮膚一次刺激性試験OECD法(ウサギ)
③急性経口毒性試験LD50値(マウス)
上記以外にも
①復帰突然変異性試験
②連続皮膚刺激性試験
③細胞毒性評価試験
④染色体異常試験
⑤皮膚感作性試験
⑥金属腐食性試験
④ヒトパッチ試験
⑤樹脂腐食性試験
他様々な安全性や評価試験を実施しています。

Q. 誤ってなめたり飲み込んだりしても大丈夫ですか?

A. MA-Tは飲用ではありませんので、なめたり飲み込んだりしないでください。仮に誤って飲み込んでしまったとしても人体への安全性は確認されておりますが、万が一飲み込んだ場合にはすぐに口をすすぎ、牛乳か水を飲ませてください。異常がありましたら、すぐに医師にご相談ください。

Q. 仮に身体に付いた場合の安全性は?

A. 人体への付着に対しての安全性は確認できておりますが、万一肌等に異常が感じられた場合には医師にご相談ください。

Q. 耐性菌ができるようなことはありませんか?

A. 耐性菌は抗生物質などの連続使用で助長されることがおおいため、病院内で広がりやすく、院内感染の原因となります。MA-Tは作用機序が「酸化」で感受性菌でも耐性菌でも作用、効果の出方は一定です。耐性菌でもテストを行いましたが、対感受性菌と同等の効果が確認されています。

Q. 身体に有害な物質は含まれていませんか?

A. MA-Tは様々な試験によって人体への影響性や安全性を検証しています。

Q. 引火性の成分は入っていますか?

A. アルコールなど引火性成分は入っていません。

Q. 肌の敏感な人が「MA-T」を噴霧した衣類を使用しても大丈夫ですか?

A. 皮膚に対する安全性は確認されておりますが、すべての人に問題がないとはいえません。万一異常が感じられた場合には医師にご相談ください。

Q. ペットが舐めても大丈夫?

A. MA-Tは様々な試験によって人体への影響性や安全性を検証しています。基本的にはペットへ使用後は拭取りをする事が原則となりますが、万一異常が感じられた場合には獣医師にご相談ください。

Q. 誤って目に入ってしまった場合大丈夫?

A. 目、及び粘膜に対しての安全性は確認できておりますが、万が一目に入った場合には大量の水で洗い流してください。異常が感じられた場合には医師にご相談ください。

Q. 金属の腐食性はありますか?

A. 一般には使用されないコーティングされていないブリキや鉄に対しては水とほぼ同レベルであるとの試験結果がでておりますが、金属類へ使用した後は軽くふき取ってご使用することをお奨めします。